結婚には愛される方と愛する方がある

愛し愛されお互いを人生において必要なパートナーだと感じるからこそ、生涯一緒に人生を歩んでいく約束をするのですが、この愛し愛されと言うウェイトは、共にフィフティフィフティが理想的ですが、実は男女で微妙に異なる夫婦が多い気がします。
恋愛は、いわゆる惚れた方が負けと言いますが結婚生活も同様の事が言えるのではないでしょうか。
好きで好きでたまらない方が、相手に色々尽くしてしまうのではないでしょうか。
良く男性は尽くす女性を、女性側はこれまた真逆で、優しい旦那さんを選べと言います。
この言葉の裏側を読むと、自分に惚れている相手と結婚しろと言う事を案に行っている様な気がしてなりません。
当然自分に惚れている押しかけ女房的な奥さんを貰うと、毎日が至れり尽くせりでしょう。
逆に男性側が彼女にお熱で熱烈プロポーズを受けた女性は、大体のわがままは聞いて貰える様な家の中の事も主導権を握れる結婚生活を送れるでしょう。
でも、女性に主導権を握らせた方が、家庭生活は絶対上手くいきます。